誕前火刑の箱船  六崎杏介

 

    「胎児に視せり、腹は縛り」

 *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii
火炙り、バスルームでの祈り シャワーを浴びる、火塗れの血飲み児
  *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii
排水溝から啜る肺呼吸、或るピューレの色 きっと緋色の苺の顔で
   *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii
アルデバランを掻き毟る細い腕 バランス欠きた歩調で刈る薔薇の芽の
    *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii
叫び木霊す浴室の 壁を殴打す赤き顔、きっと遺置後の青が怖いの
     *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii
シャワー奏でるホワイトノイズの中、切望してた 呼吸は火炙りと絶叫
      *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii
契り血手繰り千切れた祈り 四角く出れぬ浴室にて 排水溝啜る牢獄の音
       *sセェ'nxx-tエ'nkス・pu'アr-chィイイiii

            呪詛:三度繰り返す
     (火・或ルLan'愚S-ui、架sウLu,ウィカ te'鉄y/t..オン)



inserted by FC2 system